口周りに症状が現れる口唇ヘルペスに悩んでいる方にはバルトレックスがおすすめです。他の性病対策についても紹介します。

  • ホーム
  • カンジダの感染原因は性行為?症状と治療法

カンジダの感染原因は性行為?症状と治療法

カンジダは性病だと思われがちですが、実はそうではありません。
健康な人の皮膚や腸内、粘膜などに常在菌として存在している「カンジダ菌」が何かの要因で異常繁殖することで発生する病気です。
もちろん性行為が引き金となって発症する場合もありますので注意は必要です。
多くの場合は妊娠や出産、抗生物質の使用などで常在している菌のバランスが崩れた場合や他の病気、疲労、ストレスなどで免疫力が低下した場合に発症します。

又、高温多湿な環境の場合もカンジダ菌は異常増殖して発症の原因になりますので注意してください。
男性でもカンジダの感染はありますが、特に女性の膣カンジダの場合は、女性の5人に1人の割合で経験すると言われているほどポピュラーな病気です。
膣カンジダの症状は、外陰部のかゆみとおりものの変化が特徴です。

特にかゆみは非常に強く、時にはずきずきするほどの痛みを感じる場合もあり辛い症状です。
おりものは量が非常に多くなり、白く濁ってポロポロしてヨーグルトやカッテージチーズなどと表現されます。
性行為で男性に感染してしまい、本人が治療して回復した後でも、その男性からのリターン感染が原因で再発する場合も考えられるので注意してください。
パートナーの男性も一緒に治療できるクリニックもあるので一緒に受診するのが良いでしょう。

感染の予防としては、免疫力の低下を防ぐことが一番です。
バランスのよい食事を取り、充分な睡眠を取って疲労を回復させることと、なるべくストレスを溜めないことです。

又、カンジダ菌は腸や人の手のひらにも常在している菌ですので、下着やタオルは毎日清潔なものに取り替える、トイレの時は腸からの感染を防ぐために拭き方を前から後ろに拭くといったことに注意してください。
高温多湿を避けることも必要ですので、おりものシート等はこまめに交換する、下着は通気性の良いものを選ぶ、タイツやストッキングはなるべく避ける、お風呂の後は外陰部を良く乾かす、などの対策が重要です。
カンジダ菌が異常繁殖しないように、原因をよく理解して予防してください。

カンジダの治療薬は市販?処方?

女性がカンジダだと思ったら、まずは婦人科または産婦人科で検査をしてください。
症状が似ている他の病気の場合もありますので、おりものを顕微鏡で調べたり培養して確定診断をすることが必要になります。
もし他の病気だった場合、治療方法も処方される薬も違いますので、個人での判断は危険です。

最初は必ず病院で検査を受けて、お医者様の指示に従った治療を開始してください。
カンジダだと診断された場合は、オキシコナゾール硝酸塩などの抗真菌薬が処方されます。
できるだけ、病院に通院して治療することが望ましいのですが、病院が遠いとかなかなか時間が取れないなどの理由がある場合は薬局でも薬を手に入れることは可能です。

特に再発の場合は個人でもカンジダだと把握できるので、「膣カンジダ錠」などの薬を入手して自分で治すことができます。
放っておいて症状が悪化しないうちに、早めに治療していくことが重要です。
薬は薬局で入手する方法だけでなく、Webストアなどの通販を利用して入手することもできます。
一般的に良く利用されている楽天やamazonでも購入できますし、薬の専門通販のサイトからも入手できます。
忙しくて時間が取れない方や、薬局で店員さんに知られるのが恥ずかしいと思われる方は通販を利用するのも良いでしょう。

感染した場合の注意点としては、かゆみがあっても患部をかかないように気を付けましょう。
かゆみがさらにひどくなったり、他の部分まで感染が広がる可能性があります。
又、他の人に感染させないようにタオルの共用は避けましょう。そして、できるだけ早く治療を開始してください。
パートナーが感染している場合もありますので、一緒に治療することも再発防止には重要です。