口周りに症状が現れる口唇ヘルペスに悩んでいる方にはバルトレックスがおすすめです。他の性病対策についても紹介します。

  • ホーム
  • 口唇ヘルペスの感染原因と症状

口唇ヘルペスの感染原因と症状

心配している女性

口唇ヘルペスのつらい症状に悩まされたことがあるという人は多いのではないでしょうか。
口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスによる感染症です。

具体的にどのような症状が出るかについてですが、まず最初に唇に違和感を覚えます。
ピリピリしたりむず痒い感覚に襲われ、その後小さな水ぶくれが唇やその周辺にあらわれます。
水ぶくれは徐々に大きくなっていき、最後は水ぶくれがかさぶたになって症状が治まっていきます。
症状が無くなるまでに2週間程度かかる厄介な疾患です。

口唇ヘルペスは自然治癒する疾患ですが、抗ヘルペス薬の飲み薬を飲んだり塗り薬を塗ったりすることで、治りを早くすることが可能です。
その場合、唇に違和感を感じたらすぐに病院を受診して医師に相談することが重要なポイントとなります。
抗ヘルペス薬の投薬が早ければ早いほど治りも早くなるということを理解しておきましょう。

口唇ヘルペスは、免疫力が低下していて体が菌やウイルスに対する抵抗が弱い状態のときに発症しやすくなるという特徴があります。
風邪をひいたり発熱したり疲労やストレスが蓄積していたりするときに発症してしまう人がたくさんいます。
免疫力が低下している状態だと、治りも遅くなってしまいます。
ですので、口唇ヘルペスの改善や予防のためには日頃から健康的で規則正しい生活を送って、菌やウイルスに強い健やかな体づくりをしておくことが大切です。

健康的で規則正しい生活とは具体的にどのようなものか気になりますよね。
様々な食品を満遍なく食事メニューに取り入れてビタミンやタンパク質やミネラルなどの栄養素をバランス良く摂取するのも効果的です。
水分をこまめに補給して体の新陳代謝を高めたり、ウォーキングやジョギングや筋トレやストレッチや体操などの簡単な運動を日常生活に取り入れるなども良いでしょう。
また、睡眠をたっぷりとったり、疲労回復やストレス解消に努め、しっかりと休息をとることも必要です。
自分の日頃の生活習慣を見直してみましょう。

口唇ヘルペスは他人にうつるの?

口唇ヘルペスは他人にうつるかどうかについてですが、うつります。
強力な感染力を持つウイルスなので、口唇ヘルペスを発症したらまわりの人にうつさないように細心の注意を払わなければなりません。
家族と一緒に住んでいる人は感染の危険性も高くなりますので気をつけましょう。
赤ちゃんがいる家庭はとくに注意が必要です。

口唇ヘルペスの感染原因は接触にありますので、キスをしたり唇に触れたりすることは避けましょう。
感染経路としては、食器やタオルなど様々なものがあります。
家族と一緒に住んでいて生活を共にしていると様々なものをシェアしますが、感染経路を断つためには食器やタオルなどのシェアを避けて衛生管理を徹底することが大切です。

唇の水ぶくれには無数のヘルペスウイルスが含まれていますので、水ぶくれは潰さないように注意しなければなりません。
潰すことで他人にうつる危険性も高くなります。
唇に手で触れたらすぐに手を洗う習慣をつけることも大切です。
抗ヘルペス薬の塗り薬を塗る際は、水ぶくれが潰れないように優しく塗りましょう。
綿棒などを使用して塗ると衛生的で安心です。

口唇ヘルペスは大人の感染症というイメージが抱かれがちですが、単純ヘルペスウイルスは赤ちゃんにも感染しますので、赤ちゃんに頬ずりをしたりキスをしたりすることは避けなければなりません。
赤ちゃんは初めての感染となり、感染しても唇に水ぶくれが生じるなどの症状が出ないことがほとんどです。
知らず知らずのうちにうつってしまっている可能性があるということも理解しておく必要があります。

単純ヘルペスウイルスは一度感染すると体内にずっと潜伏し続けます。
とても厄介なウイルスです。
その場合、口唇ヘルペスとは長い付き合いになりますので、改善や予防のために対策に努めて上手につき合っていきましょう。