口周りに症状が現れる口唇ヘルペスに悩んでいる方にはバルトレックスがおすすめです。他の性病対策についても紹介します。

  • ホーム
  • 性器ヘルペスの感染原因と症状

性器ヘルペスの感染原因と症状

悩んでいるカップル

性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス2型に感染する事で2日間~10日間程度の潜伏期間を経て発症します。
単純ヘルペスウイルス2型は人間の細胞から離散すると比較的短時間で感染能力を喪失するので間接的な接触による感染リスクは非常に低いです。
ウイルスを含む体液や血液が直接粘膜に接触する性行為による感染が最も多いとされています。
しかし、人間の体温に近い室温に維持されているだけで無く十分過ぎる湿度のある入浴施設では椅子やタオルの使い回しで感染してしまう事もあります。

性器ヘルペスは、初感染時には38度を超える発熱や全身の倦怠感などの自覚症状に加え、外部生殖器官を中心に臀部や太ももまで水ぶくれや潰瘍などの自覚症状が現れる感染患者もいます。
特に女性の感染患者の約8割に自覚症状が無く男性よりも重症化する事が多い特徴があります。

男性の感染患者は、外部生殖器官や臀部などの水ぶくれや潰瘍などの症状に加え、病原ウイルスが尿道で繁殖する事から堪え難い排尿痛やサラサラとした膿の排出などの症状を伴う尿道炎を発症します。
尿道炎を放置するとさらに感染原因の単純ヘルペスウイルス2型が上行感染して前立腺炎や膀胱炎を併発します。
前立腺は、膀胱の直下で尿道を包み込んでいるので炎症が発症すると頻尿や排尿困難などの排尿障害を引き起こします。

女性の感染患者は、膣や子宮頸管部の粘膜組織で感染原因の単純ヘルペスウイルス2型が繁殖する事からオリモノの異常や不正出血などの症状を伴う膣炎や子宮頸管炎を発症します。
自覚症状の無い感染患者が多く卵管炎や卵巣炎を併発してしまう事が多くあります。
卵管炎は、軽度の炎症では痛みや発熱などの自覚症状を発症する事が無く感染に気付かず、卵管に沿って病原ウイルスが卵巣に達してしまい卵巣炎を発症させると共に不妊症の原因となります。
子宮は、単純ヘルペスウイルスへの感染期間が長くなるほど子宮ガンや子宮頸ガンの発症リスクを高めるとされ、定期的な検査で早期発見からの早期治療が望ましい性感染症です。

性器ヘルペスは完全に治すことができない?

性器ヘルペスは、抗生物質による薬物療法で比較的短期間で症状を鎮静化する事が出来ますが、治療終了から1年間の再発率が80%以上と非常に高い特徴がある性感染症です。
背景には、現在の治療薬では体内のヘルペスウイルスを完全に死滅させる事が出来ず、性器ヘルペスを完治させる事が出来無い大きな問題があります。
感染原因のヘルペスウイルスは、感染細胞の核にウイルスDNAを送り込む事で感染細胞内で増殖に必要な基質の生合成を可能とするだけで無く、増殖の最終プロセスで感染細胞の細胞膜をウイルスを覆う外膜であるエンベロープとしてまとってしまいます。

感染細胞由来のエンベロープを持つ単純ヘルペスウイルスは、人間の細胞と親和性が非常に高い特徴があります。
感染患者の免疫力が高い時や医薬効果が高く生存に不適切な体内環境時には免疫力や医薬効果の影響が少ない脊髄神経節や三叉神経節などに潜伏感染してしまいます。
その為、過剰なストレスの蓄積や疾患の発症などにより自己免疫力が低下すると潜伏感染していたヘルペスウイルスが活性化し、1年間に何回も再発を繰り返す感染患者も多く完治させる事が出来ず再発抑制療法が行われています。

再発抑制療法は、繰り返す再発に対する精神的な負担の軽減とセックスパートナーへの感染拡大の予防を目的として行われ、1年間に6回以上再発を繰り返す感染患者に対しては保険適用で行われています。
再発抑制療法は、治療薬を最短8週間~最長1年間継続服用する事で体内のヘルペスウイルスを3分の1まで死滅させる医薬効果があります。
ヘルペスウイルスが減少した事により再発リスクが低下するだけで無く再発時の症状も軽減出来るメリットがあります。