口周りに症状が現れる口唇ヘルペスに悩んでいる方にはバルトレックスがおすすめです。他の性病対策についても紹介します。

  • ホーム
  • 男女別:クラミジアの症状と治療薬について

男女別:クラミジアの症状と治療薬について

日本で最も多いといわれる性病の一つであるクラミジアは症状がわかりにくいという特徴があります。
感染した人のうち、男性では約50%、女性の場合は約75%もの人が無自覚であるとされています。
このことにより気付かないうちに感染が広がってしまっているのです。
症状が出にくい特徴があるものの、症状が出てからも気が付かずに放置してしまうと重篤な症状が出たり、感染を拡大する原因になります。
クラミジアの症状は男性と女性で違います。
それぞれの症状を知っておき感染の疑いがある場合は早めに治療を開始しましょう。

男性の場合、性器から尿道という順に感染し最初の症状として表れるのは尿道炎です。
放置すると菌が尿道の奥の前立腺や精巣上体(副睾丸)にも感染し、それぞれの部位で炎症が起きます。
尿道炎になると尿道の粘膜が炎症を起こすため、性器から白い膿が出るのが特徴です。
膿はサラサラして水っぽい感じであるとされています。
また、排尿時に患部に刺激が与えられることにより痛みや痒みを感じることがあります。
クラミジアに感染した場合の排尿痛は激しい痛みを感じることが少ないのが特徴です。

また、症状が前立腺まで達し炎症を起こすと、前立腺の中を通る尿道を圧迫してしまうため、尿道が狭くなります。
このことにより排尿に支障をきたし残尿感や頻尿などを起こします。
睾丸の腫れや痛みにも注意が必要です。クラミジアの菌が前立腺や精巣上体(副睾丸)に感染すると、睾丸で炎症が起きます。
症状が副睾丸まで達すると不妊症になる可能性もあるため早期治療が必要です。

女性の場合、性器から子宮頸管、子宮内膜、卵管、骨盤腹膜、肝周囲の順に感染していき、それぞれの部位で炎症を起こします。
感染し気が付きやすい変化はおりもの量が増えたり臭いがきつくなることです。
おりものは性器を正常に保つ役割もあるため感染すると量やにおいに変化がでるのです。
その他には不正出血を起こしたり性交時に痛みを感じるようになったりします。
女性の場合も放置して悪化すると不妊症になる恐れがあります。

クラミジアの治療薬について

クラミジアの感染が発覚したら早急に治療を始めることが大切です。
治療にはマクロライド系のジスロマックという抗生剤が主に使用されています。
マクロライド系の抗生剤は副作用が少なく、妊婦や子供に使用しても安全とされる薬です。

クラミジア治療において現在最も有効な薬とされていて、クラミジアの菌を90%以上の確率で除菌できる薬です。
しかし、薬であるため体質に合わない場合もあります。
また、ジスロマックに耐性を持っていしまっている菌に感染した場合は効かないこともあります。
そのような場合、妊娠中でなければテトラサイクリン系やニューキノロン系の抗生剤も有効です。

治療期間の目安は3週間から4週間程度です。
治療の際は医師に指示された飲み方を守ることが大切です。
飲み方を守らないと菌を死滅させることができないどころか、菌の薬に対する耐性を高めてしまうことさえあるのです。
ジスロマックは1回の服薬で効果が得られますが、完治を確認するためには服薬終了後、3週間から4週間後検査を行わなければなりません。
これは、服薬自体は1回で済みますが、菌が死滅するまでに最低3週間かかるとされているからです。

服薬後の検査で菌の死滅が確認できれば完治ということになります。
しかし、この検査で菌が残っていた場合ジスロマックに対して菌が耐性を持っていることが考えられます。
その場合にはテトラサイクリン系やニューキノロン系の薬などに切り替えて治療を行います。
クラミジアの症状は無自覚であることが多く自己判断で治療を終えてしまうと完治していないこともあり得ます。
完治しないまま性行為を行えば感染を拡大してしまうのです。
服薬後は検査できちんと薬の効果を確認して治療を終えましょう。